訪問マッサージで稼ぐための3つのポイント

ブログ

「訪問マッサージ」にご参入されるにあたり、ビジネスとして成り立つのか・・・ストレートにいえば、稼げるのか。ということが気になると思います。訪問マッサージで利益をあげるためにはいくつかのポイントを抑える必要があります。ここを認識せずに事業を開始すると、思っていたものと違った。ということになることも。ご参入前に、ご確認いただければと思います。

積極的に事業に関わる

まずは、積極的に事業に関わって頂くことが、事業成功のポイントです。ある程度安定したら、施術者さんに任せながら運営することもできますが、特に立ち上げ時はオーナー様(マネージャー様)の関わり方が重要になってきます。積極的に活動されること、熱意を持って事業を行うことは、立ち上げをともにする施術者さんにも影響します。施術者さんがいかに気持ちよく、そしてモチベーション高く業務を行い、売上を立てていくかがポイントになる訪問マッサージにおいて、目には見えない、こうした点が後々に影響することがあります。個々の想いがあると思いますので、その想いと形にするためにも、積極的に事業に関わって、治療院を、愛情深く育てて頂きたいと思います。

施術者さんの人数を増やす

施術者さん一人当たりの売り上げの上限はある程度決まってきます。その中で、利益もある一定のところで頭打ちがきます。こうしたなかで、利益を出していくためには、施術者の人数を増やして頂く必要があります。一人の施術者さんが安定して利益を出していくこと、その人数を増やしていくことが、訪問マッサージで利益を出していくポイントです。こころ治療院は、加盟店舗ではなく、この点に注目し、展開をしてきました。1治療院様あたり施術者さん5名以上の運営を目指していただきます。直営治療院では10名以上の施術者がいるモデルケース、また施術者出身のマネージャーのいるモデルケースを作ってきました。こうした点も個人面談でお尋ねいただけたらと思います。

細く長く安定した利益を目指す

訪問マッサージは、すぐに爆発的利益の出る業態ではありません。じっくりゆっくり時間をかけて、安定した利益を出していくことになります。ですので、事業を長く続けることがポイントになってきます。3〜5年後のイメージを作っていくことが重要です。目先の利益より、中長期的計画で、事業を安定させたい、利益を継続的に出していきたいと思っている方にはオススメの業態です。細く長く、事業を進めていくことで、地域に貢献していくことができます。

初期の運転資金が重要

施術者を雇用し、順次増員を図り、中長期的に利益を出していく事業になりますので、事業が安定するまでに、初期の事業運転資金が重要になってきます。ご開業後すぐは、売り上げは少なく、人件費などの支出は多くなります。加盟費用や、開業費用、またロイヤルティーとは別に、事業の運転資金が必要になります。事業をどのようにご計画されて、どのくらいのスピードで、どのくらいの利益を計算しているかによっても、必要な運転資金は変わってきます。ご自身が描いている計画であれば、どの程度の資金が必要なのか、こうした点も、電話相談や、個人面談でお答えさせていただいております。

「訪問マッサージ」事業で、成功していただくためにも、まずはこころ治療院までお問い合わせください。

関連記事一覧