オーナーさまが間接的に患者さまに関わることの重要性

未分類

「訪問鍼灸マッサージ」事業で、お客様と接するのは、国家資格を持った施術スタッフです。お客様(患者さま)にサービスを提供する際は、このようなことに気をつけています。

施術スタッフが、日々の施術において、患者さまお一人おひとりと向き合い、対応し、そして周囲と連携しながらお仕事を進めて行きます。

オーナーさまは、施術スタッフを支え、サポートしていくことで、間接的に患者さまお一人おひとりに関わることになります。

こうして、オーナーさま、施術スタッフが想いを共にして、患者さまの夢や目標を叶えていく治療院、それがこころ治療院です。

施術スタッフは、専門知識と技術を持っていますが、それ故に、視野が狭くなってしまうこともしばしばあります。現場では悩ましいことも、もちろんあります。そんな時に、オーナーさまが一声かけるだけで、施術スタッフは救われることが多くあります。

この時、施術や医療に関する専門的なアドバイスは必要なく、社会人として、またサービス業としての視点、また患者さまの目線で、現場の施術スタッフに気づいたことや、これまでの経験談などをお伝えいただくことが重要だと感じています。

こうして、治療院スタッフが、日々まっすぐな想いで患者さまと向き合えるように、オーナーさまも一緒になって治療院をつくっていただきたいと思います。

関連記事一覧